甘いものは本当にニキビの敵なのか?

一般的にチョコレートやケーキなどの甘いお菓子はニキビの大敵と考えられています。
糖質、つまり糖分や炭水化物の摂りすぎは既にできている大人ニキビの悪化を促してしまうとも言われています。体感的にもこういったことを実感している方は多いと思います。

 

特に、同じ糖質でもせんべいなどに使われるもち米などの炭水化物のほうが皮脂分泌を過剰にし、コメドの原因になりやすいといわれています。
甘いものだからニキビに悪いのではなく、糖質の摂り過ぎが大人ニキビの増加や悪化の原因なのです。

 

チョコレートでもせんべいでも大人ニキビができている状況では食べ過ぎない事が大切です。また、皮脂腺を刺激して皮脂分泌を過剰にするといわれているアーモンドやくるみなどのナッツ類、カレーなどに使われる香辛料、コーヒーなどのカフェインが含まれる刺激物も摂りすぎはよくありません。
これらを日常的に摂取する機会が多いと、いくらがんべってスキンケアを続けても大人ニキビはなかなか治ってくれません。食に対する意識を変えないといつまでも大人ニキビの悪化や再発の繰り返しに悩む事になります。

 

しかし、ニキビによくないものであったとしても、それを我慢する事で心理的ストレスが余計に溜まってしまうほどの好物であったりするならば無理に我慢するのもよくありません。どうしても食べたい場合は肌が比較的安定しやすいといわれる生理後の時期にしてみるなどのちょっとした工夫をしてみてください。