ビタミンA・C・Eの皮脂酸化予防作用で大人ニキビを予防しよう

緑黄色野菜に含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変わって皮膚や粘膜の健康を保つ手助けをしてくれます。また、ビタミンAに変換しなかったβカロテンは活性酸素を除去し、遊離脂肪酸の一つであるLDLコレステロールが酸化して過酸化資質となることを防ぐ作用があります。

 

ビタミンEは血流を良くすることが知られていますが、ビタミンAと同様に酸化抑制作用があり、βカロテンとあわせて体内に取り入れることで相乗効果が高まるといわれています。さらにビタミンEの働きを高める作用のあるビタミンCも合わせて摂取する事でさらに効果がアップします。ビタミンA・C・Eは大人ニキビの誘因物質である遊離脂肪酸の酸化を強力にブロックしてくれるのです。

 

特にパソコンの前で長く作業をする方は電磁波の影響でお肌がプラスイオンをひきつけて活性酸素が発生し、j過酸化脂質が増えやすい状態になっています。そのため、特に積極的にビタミンA・C・Eを含む食材を摂る様にしましょう。

 

また、ビタミンCは細胞を結びつけて肌のハリを保つコラーゲンの生成に欠かせません。メラニン色素の生成抑制や抗ウイルス、免疫力のアップ、解毒など、さまざまな働きを持っています。ビタミンは一日に50mg以上の摂取が求められますが、体内にとどまる時間が短く、2〜3時間で排出されてしまいますから、三食できちんとビタミンを摂取してこまめに補給する必要があります。

 

喫煙習慣やストレスが多い方はビタミンCの消耗が激しいのでその分たくさん摂取する必要があります。タバコ一本で一日の必要量である25mgが消耗されるといわれています。伏流煙を吸うだけでも消耗されますので、周りにも注意するようにしましょう。