大人ニキビを悪化させるイライラにはカルシウムで対策しよう

なんだかおこりっぽい時や、なぜかイライラするときはカルシウムを補給しましょう。
神経の苛立ちはストレスです。ストレスが高い状態は大人ニキビができやすくなります。
高ストレス状態は自律神経が刺激され、交感神経が活発になることで男性ホルモンが過剰に分泌されます。男性ホルモンは皮膚の角化を進行させ、毛穴を角質がふさいでしまうニキビの最大原因となります。
とくにコンビに弁当や外食が多い人は気をつけましょう。加工食品や肉に多く含まれるリンがカルシウムの吸収を妨げてしまいます。

 

普段からたくさんカルシウムを取るように心がけ、少しでもイライラした高ストレス状態から抜け出すようにするにはどんな食品を積極的にとればいいのでしょうか。
一番はやはり牛乳をはじめとする乳製品でしょう。もともとカルシウムの含有量が多い上に、牛乳に含まれるアミノ酸やカゼインがカルシウムの吸収を高め、吸収率が他の食材に比べて圧倒的に高くなっています。
ヨーグルトなども特に調理の必要なく食べる事ができますので是非日々の食生活に取り入れるようにしましょう。

 

カルシウム不足が続くと骨に貯蔵しているカルシウムが血液に溶け出して骨がスカスカになる骨粗しょう症の原因にもなりますし、肌トラブル同様に深刻な問題です。乳製品のほかにも、小魚、青菜、大豆食品、海藻などのカルシウム豊富な食材を意識してとるように心がけましょう。
また食事をする際はゆったりした気分でよく味わいながら食事をすることを心がけてください。自律神経を安定させる事は肌のためにもとても大切なことですので是非参考にしてください。